2011年11月30日水曜日

まずはビールで


マンハッタン57丁目9番街のホテルにチェックインしました。

近くのコンビニでクアーズ 710ml 缶を2本、1本$1.50(115円)でボトルの水より安いのです。 中国もアメリカも缶ビールが安いのは嬉しい限りです。 ツマミは日本から持ってきたセブン・イレブンのカリカリ・ダブルチーズ(税込み100円)。

このあたり(34丁目から57丁目までの8番街からハドソン川の間の地域)は白人ギャング発祥の地で、ヘルズ・キッチン(地獄の台所)と言われているところです。 20年くらい前までは、ギャングの撃ち合いでもありそうな雰囲気だったのですが、いまでは観光客の散歩エリアになっています。 観光客で稼ぐNY市として安全はビジネスの前提条件ですからね。

夜はアフガン料理。 下の写真は前菜のアフガンスタイルの揚げ餃子「サムサ」と「ビーフ・ケバブ」です。


***

2011年11月28日月曜日

近代化を見直す

深大寺の午後

1911年(明治44年)、夏目漱石の和歌山での講演『現代日本の開化』は漱石の魅力がいっぱいです。

西洋の開花は内側からわき出て発展したものだ。 一方、日本の(明治の)開花は外発的である。自己本位、つまり自分の立ち位置、を見失って、外からのプレッシャーにより否応なしに意思決定した弊害が続いている。 日本の文化や伝統はその時以来歪んだものとなって今(明治後期)に至っている。

漱石一流のユーモアとウィットに富んだ講演です。 TVドラマ『坂の上の雲』も完結するようですが、明治は暗黒でも光明でもない。 日露戦争に勝ち一流国になったと浮かれる日本と昭和の戦争でこてんこてんに負かされた日本、勝っても負けても問題の本質は、日本の文化・伝統と近代化の狭間で「自己本位」を見失ったことでしょう。

漱石の講演からちょうど100年の今年、日本の近代化そのものを見直すよい機会とすべきでしょうね。 欧米だってそれぞれに問題はありますよ、そして、大陸や半島だって同様です。念のため。

○●○●○●○●○

少なくとも鎖港排外の空氣で二百年も麻醉した揚句突然西洋文化の刺戟に跳ね上つた位強烈な影響は有史以來まだ受けてゐなかつたと云ふのが適當でせう。日本の開化はあの時から急劇に曲折し始めたのであります。又曲折しなければならない程の衝撃を受けたのであります。之を前の言葉で表現しますと、今迄内發的に展開して來たのが、急に自己本位の能力を失つて外から無理押しに押されて否應(いやおう)なしに其云ふ通りにしなければ立ち行かないといふ有樣になつたのであります。

(中略)

すでに開化と云うものがいかに進歩しても、案外その開化の賜として吾々の受くる安心の度は微弱なもので、競争その他からいらいらしなければならない心配を勘定に入れると、吾人の幸福は野蛮時代とそう変りはなさそうである事は前御話しした通りである上に、今言った現代日本が置かれたる特殊の状況に因って吾々の開化が機械的に変化を余儀なくされるためにただ上皮(うわかわ)を滑って行き、また滑るまいと思って踏張るために神経衰弱になるとすれば、どうも日本人は気の毒と言わんか憐れと言わんか、誠に言語道断の窮状に陥ったものであります。

夏目漱石 『現代日本の開化

***

2011年11月27日日曜日

後世に何を残すか?


私は坂本竜馬のことはよく分からないのですが、西郷さんを尊敬する人が多いというのは何となく分かる気がします。 しかし、私は子供のころから西郷さんにもそれ程ひき寄せられませんでした(憎からず思っていましたが、、、)。

震災後、そして、今の世界情勢(EU債務危機 等々)や日本の政治を見ていて西郷さんに対する見方も変わってきました。 西郷さんは、子孫に美田を買わず(残さず)と言い、「志」に重きを置いた。 今の日本のリーダーたちは、放射能の土地を残し、「志」どころか、外国に身ぐるみはがれて終わるのでしょうか?

『偶成』 西郷南洲

幾歴辛酸志始堅
丈夫玉碎恥甎全
我家遺法人知否
不爲兒孫買美田

幾たびか辛酸を歴て志(こころざし)始めて堅し、
丈夫玉碎すとも甎全を恥づ。
我が家の遺法人知るや否や、
兒孫(じそん)の爲に美田を買はず。

辛酸=困難。
丈夫(じょうふ
)=ますらお。真の男子のこと。
玉碎=玉となってくだける。立派な死にかたをいう。
甎全(せんぜん
)=志をまげて、瓦のように値打ちのないものとなって、いたずらに生きながらえること。
美田=よく肥えた田畑。立派な財産の意。


最近、会津が生んだ柴五郎大将の遺書である『ある明治人の記録』(中公新書)という本を読みました。 明治から大正にかけて、こんな立派な日本人もいたことに驚きです。

***

2011年11月25日金曜日

諸行無常の響あり

平家の守り神であった厳島神社の大鳥居

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し
猛き人もついには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ。


『平家物語』

外国と比較して日本人の「欲」はそれほど強くないと思いますよ。 しかし、ここ数年日本も変ったなと思います。 自分の思うがままにしたいという考えが強くなってきている。 東北に向かって「がんばれ、がんばれ!」と叫ぶのも自己中心的かも知れない。

なぜ宗教があるのか? やはり諸行、つまり、世の中の一切のものは「無常」だからでしょう。 生者必滅です。 私は日本が「おごれる者」だったと言い切るほど勇気はありませんが、人間ってまだまだ愚かで戦争のような馬鹿なことでもやらかすんだと言う現実を見つめて、「生きる」ということを考え直す時じゃないですか?

もし同じような発想で、来年のNHKの大河ドラマが『平家物語』になったのであれば凄いのですが、、、、絶対に違うでしょうね。 私は大河ドラマは見ていません、念のため。

***

2011年11月21日月曜日

自家製ブラウニー


ブラウニーはエリック・クラプトンが使っていたフェンダー・ストラトキャスターの愛称です。 クラプトンはブラッキーという黒のストラトも所有していました。 「茶色いの」、「黒いの」という訳です。 お菓子のブラウニーの由来は茶色の妖精ブラウニーだそうです。

芥川龍之介 『神神の微笑』は、神に対する西洋と日本の考えの違いを風刺する短編です。 日本だと妖精ブラウニーって八百万の神神ですかね? 日本は宗教のあり方を真剣に考え直してもいい時代に来たのではないでしょうか? 葬式のためだけじゃないですからね。

『神神の微笑』 ~ 宣教師オルガンティノの言葉

この日本に住んでいる内に、私はおいおい私の使命が、どのくらい難いかを知り始めました。この国には山にも森にも、あるいは家々の並んだ町にも、何か不思議な力が潜んで居ります。そうしてそれが冥々(めいめい)の中に、私の使命を妨げて居ります。さもなければ私はこの頃のように、何の理由もない憂鬱の底へ、沈んでしまう筈はございますまい。ではその力とは何であるか、それは私にはわかりません。が、とにかくその力は、ちょうど地下の泉のように、この国全体へ行き渡って居ります。

***

2011年11月19日土曜日

下学上達

「養分を吸収する」(11月10日)に関して、台湾のカブちゃんがコメントをくれました。

○●○●○●○●○●○

「子曰、不怨天、不尤人、下学而上達」
(子曰く、天をも怨みず、人をも尤(とが)めず)、下学(かがく)して上達す)。

このスライドを見た時に私の心に浮かんだのは、論語のこの一句です。 時期が来るまで待つということは、口で言うのは簡単ですが、実際には非常にしんどいことだと存じます。 特に私のような凡人は、なかなかうまくいかない時には、愚痴りたくもなりますし、外部環境や他人のせいにもしたくなる。

「下学」の意味の解釈は色々あると思うのですが、そんなしんどい時こそ身近なもの(丁度木の根の周りに書いてあるようなこと)に学び続けてこそ、人間はじめて上達や成長がある(幹や根が太くなっていく)ということだと思います。 また、この後「知我者其天乎」(我を知る者はそれ天か)と続くのですが、要は、自分で自分を信じて前に進むしかないのだと思います。

○●○●○●○●○●○

いつものことですが、カブちゃんには頭が下がります。 コンサルタント業務の上に居酒屋経営、そして、台湾大学の大学院生と八面六臂の活躍です。

「下学上達」なんて何十年も聞いていない言葉です。 地道に実践を積んでいくってことでしょう。 自分で考えてみるということでもある。でないと上達しない。

評価は自分じゃない、周り(天か?)がすることで、結果は後からついて来るって事じゃないですかね? 福沢諭吉 「学問のすすめ」の「十七編 人望論」に通じるところもあるかも知れない。 最近よく「私なりに一生懸命やっています」って聞きます。 総理大臣までが言っています。「自分で評価してどうするんだよ!」と言いたい。

カブちゃんが言うように、自分を信じるしかないんだろうと思います。それが「四十にして惑わず(不惑)」(今の時代だったら五十くらい?)、50才くらいでやっと惑いがなくなる。 ツリーの絵は「下学するには養分を吸収する根を張ることが重要」だと言いたいのです。 根を張らないで知識やテクニックだけをつけても、四十になっても五十になっても迷い続ける。 天命を知る事にならない。(注:二十代や三十代は知識やテクニックの比重は高い)。 「上達」は時間がかかってしんどいことだから、養分吸収の根の張り方が重要でしょう。


***

2011年11月18日金曜日

自宅で作るカクテル

ブラッディ・エイト

ウォッカをベースとするブラッディ・メリー(Bloody Mary)。 簡単に作れて失敗しない夕食前のカクテル。

ちょっと高級なグラスに氷を入れる。 ウォッカを注ぎウースター・ソースをチョロっとたらす。 レモンをいっぱい搾る。 そしてキャンベルのV8野菜ジュースで満たす。 タバスコを躊躇なくふりかけ、上から少々黒胡椒を挽く。

写真には写っていないが、棒状に切ったセロリをマドラーにする。 ウースター・ソースは下に溜るのでセロリのマドラーでかき混ぜながら飲む。

***

2011年11月16日水曜日

福沢諭吉の子育てポリシー

上野の森のパンダカレー

福沢諭吉の子育ての主義は、「もっぱら身体を鍛えて、幼少のころから読書などさせない。 まずは、獣のような身体をつくり後で人の心を養う」というものです。

社会人の基本は、健康管理が自分でちゃんと出来るということです。 健康でないと(physically tough)気持ちまで萎えてしまいます(mentally tough)。 コンサルタントの場合、月曜から金曜日に仕事で凹むようなことがあっても、週末に気分転換し、月曜の朝には100%の充電レベルで仕事にもどることができないとやっていけません。


福沢諭吉 『福翁自伝』~ 体育を先にす

「衣食にはよく気を付けてやり、また子供ながらも卑劣なことをしたり賤しい言葉を真似たりすればこれを咎めるのみ、その外は一切投げやりにして自由自在にしておくその有様は、犬猫の子を育てると変わることはない。 すなわちこれがまず獣身を成すの法にして、幸いに犬猫のように成長して無事無病、八、九歳か十歳にもなればソコデ初めて教育の門に入れて、本当に毎日、時を定めて修業をさせる」。


***

2011年11月14日月曜日

フォールバック・プラン

東京国立博物館の庭園

フォールバック・プラン(Fallback Plan)について少々。

フォールバック・プランというのは、問題が起こった場合、代替となる機能に切り替えることです。 悪条件下でもオペレーションを継続するための最低限の状況を設定することです。 All or Nothingじゃない、最低ライン、これだけは死守するというレベルのことです。 日本人は欧米や中国の人たちと違って、100%~120%じゃないと満足しないところがある。 Fallback Planは50%でもいいからオペレーションを止めないで継続するプランのことです。

先が読めない状況では、フォールバック・プランを考えておく必要があります。 世界のリーダーの多くが交代する2012年を前にして、今の世界情勢なんて先が読めません。 オバマさんだっていつまで大統領か分らない(本国と違って日本では人気があるようですが、、、)。 胡錦濤さんの次と言われている習近平だってどんな政策で中国をソフト・ランディングさせようとしているのか想像がつかない。 国際関係なんて賛成か反対かの二者択一で大騒ぎすることじゃないですね。 フォールバック・プランなしに外交交渉に突入するなんて正気の沙汰じゃない。 先の大戦では、時の指導者に冷静なフォールバック・プランなんてなかった。 だから、広島・長崎の原爆投下まで戦争をやめられなかったのではないですか?

世界はこういった日本人の性質をよく承知しています。

交渉には相手があります。相手の出方によってこちら側も臨機応変に戦略を変更しなくてはいけません。 更に相手だって単独でなく複数です(multi-lateral)、つまり、多くの立場がうごめいています。 そういった状況で、100%を目指すのは難しい、即ち80%でも仕方がない状況になるかもしれない、 だから、「完全に止めてしまわない最低線は何なのか」を明確に定義して、交渉に入る前に自分たちの共通認識を確認しておく。 そうでなければ外国との交渉なんかできません。 「飛んで火にいる夏の虫」になっちゃいます。 共通認識の醸成は政府の仕事です。 党の利益が優先するなら中国共産党ですよね。

***

2011年11月13日日曜日

ジミ・ヘンドリックス

video

『ヘイ・ジョー』 は、1966年、ジミ・ヘンドリックス(ジミヘン)のデビュー曲です。 軍隊を追い出されたジミヘンはロンドンでデビューし一躍有名になりました。 しかし、1970年に麻薬のオーバードーズで死亡、デビューからわずか4年でした。

ジミヘンは言っています。

When I die, I want people to play my music, go wild and freak out and do anything they want to do.

ジミヘンの遺言にしたがって(?)、私は12弦のアコースティックギターで 『ヘイ・ジョー』 を演奏してみました。

***

2011年11月12日土曜日

太宰治 ~ 三鷹陸橋

昭和4年に設置された三鷹陸橋

三鷹陸橋 太宰ゆかりの案内板

太宰治は、世間にダメな人間だと思わせて死にたかったのでしょう。 自分の人生を小説としてプロデュースしたかったのかも知れません。 草場の陰でニヤッとしているのでしょうね、たぶん。

太宰治 『人間失格』

自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。自分は東北の田舎に生れましたので、汽車をはじめて見たのは、よほど大きくなってからでした。自分は停車場のブリッジを、上って、降りて、そうしてそれが線路をまたぎ越えるために造られたものだという事には全然気づかず、ただそれは停車場の構内を外国の遊戯場みたいに、複雑に楽しく、ハイカラにするためにのみ、設備せられてあるものだとばかり思っていました。しかも、かなり永い間そう思っていたのです。ブリッジの上ったり降りたりは、自分にはむしろ、ずいぶん垢抜(あかぬ)けのした遊戯で、それは鉄道のサーヴィスの中でも、最も気のきいたサーヴィスの一つだと思っていたのですが、のちにそれはただ旅客が線路をまたぎ越えるための頗る実利的な階段に過ぎないのを発見して、にわかに興が覚めました。


***

2011年11月11日金曜日

ビジネス 101


「Form Storm Norm Perform」って、101、つまり、ビジネスの基礎として学校で教わることです。 ビジネスで極めてベーシックなものを101(ワン・オー・ワン)と呼びます。 アメリカの大学で101は基礎科目の番号になっていることに由来します。

Performできるまで、つまり、成果がでるまでに、Form Storm Norm の3つのステップが存在します。 いち早く組織がPerform段階に到達するために、マネジメントは努力します。 人の異動が少ない日本の組織では、Form、Stormのステップを省略する傾向にあります。 そして、いきなりPerformを求めることが多い。 また、日本人マネジメントの仕事は、品質や時間の管理に主眼が置かれます。 Form、Stormに関しては、無視するか、自分たちで解決しろという事なのでしょう。

日本企業の方にこのスライドをお見せすると笑われることがあります。 内容が幼稚だと感じられるのでしょう。 しかし、実際は、Form、Stormのステップを重視しないため、プロジェクトが途中から泥沼になっていく場合が多い。 日本人が日本人以外の人たちと一緒にやるプロジェクトの場合、特に多いのです。

政府間の交渉事だって同じですね。 Form、Stormをスキップしたり、バックアップ・プランやフォールバック・プランなしに交渉に入るなんて、向こう見ずな自殺行為ですね。 身ぐるみ剥がされちゃいますよ。

***

2011年11月10日木曜日

養分を吸収する


あまり焦らないほうがいい。 若いうちは、しっかりと根をはり、養分を吸収する態勢にしておくことが大事だと思います。 機が熟していくのを待つ。 焦ってもいきなり実は結ばない。

根をしっかりと張っていないと、30代や40代になって生気を失い立ち枯れる可能性があります。 50代60代だと尚更のことでしょう。

就職の面接で何を言われても気にしない方がいい。 面接する側は自分によく似た学生を高く評価する場合が多いものです。

***

2011年11月7日月曜日

『サウンド・オブ・サイレンス』をやってみた

video

日本語に翻訳してみた


このごろの若者は欧米の音楽にあまり興味を示さず、J-POPという日本のポピュラー音楽を聴くようになったようです。 私はいいことだと思います。 日本語の歌詞には共感できるものもあるし、裏ビートのリズム感だって板についている。 洋モノでなくても日本製で上等だという訳です。

9月の911メモリアルから『サウンド・オブ・サイレンス』が耳について離れなかった。 この曲は何十年もの間、歌詞の意味が分らないまま聞いていました。 今の日本を意識して勝手に翻訳してみました。 来年の311メモリアルに、こういった日本の曲が出てきて欲しいものです。

http://www.youtube.com/watch?v=W8-QMJUsxwc&feature=feedf

***

2011年11月4日金曜日

スティーヴン・たい焼き・タイラー

コールドターキー(Cold Turkey)ってジョン・レノンの曲にありますが、麻薬の禁断症状のことを言います。

さて、エアロスミスの来日が迫ってきましたが、ボーカルのスティーヴン・タイラーが滞在先のパラグアイのホテルのシャワーで転倒し、その晩のコンサートが一日延期になったというニュースが入ってきました。 目の上を切り歯を2本折ったという写真がNBCのモーニングショー「Today」で放映されました。 まさかコールドターキーではあるまい。 エアロスミスのメンバーはタイラーを筆頭にたい焼きが好物で、何年か前の日本公演の後、たい焼きの取り合いとなりグループ解散の危機に陥ったという逸話があります。

パラグアイのコンサートは一日遅れで開催されました。 YouTubeで当日の映像を見ましたが(今の世の中便利ですね、、)、顔にアザはありましたが、絶好調ですね。 オープニングは「Draw The Line」でエンディングは「Walk This Way」。

もうすぐ日本。 思いっきりたい焼きを食べて下され。

写真は「コールドたい焼き」ではありません。
三鷹 甘味処「たかね」のたい焼きです。久しぶりに食べました。

***

2011年11月3日木曜日

上野の西郷さんは寂しそう


上野の西郷さんは何となく寂しそうです。 東京スカイツリーに人気を奪われたか?

西郷隆盛に思い入れがある訳ではありませんが、西郷さんは気の毒な人だと思います。 明治4年岩倉使節団の一員として欧米に行っていれば、運命は大きく変っていたのでしょう。 一緒に留守組になった連中がよくなかった、山縣有朋や井上馨という公私混同の代表格のような人たちだった。 西南戦争で西郷に自決勧告を送った総指揮官は山縣有朋でした。

西郷さんは言いました。

「みだりに外国の盛大を羨んで、利害損得を論じ、家屋の構造から玩具にいたるまで、いちいち外国の真似をして、贅沢の風潮を生じさせ、財産を浪費すれば、国力は疲弊してしまう。それのみならず、人の心も軽薄に流れ、結局は日本そのものが滅んでしまうだろう」。

夏目漱石は『模倣と独立』の中で、以下のことを言っています。 西郷さんは明治初期、一方、漱石は英国留学を経て大正初期の発言です。

「いくらオリヂナルの人でもイミテーションの分子を何処かに持っている。イミテーションの側に立って考えると、これはどういう人がイミテーターかというと、要するにイミテーターというものは人の真似をする。それだから自分に標準はない。あるいはあっても標準を立て通すだけの強い猛烈な勇気を欠いているか、どっちかなのである。しかしながらインデペンデントの側の方は、自分に一種の目安がある」。

自分に一種の目安があるのかないのか、、、軽薄に流れた日本の運命や如何に?

***

2011年11月2日水曜日

漱石から大学生へのアドバイス

東京国立博物館のモザイク壁

「法然上人は、豆腐が好きだった。親鸞聖人はあずきが好きだった」。

私は豆腐もあずきも大好きです! 上野の国立博物館の特別展「法然と親鸞」を見てきました。 日本の宗教改革を行った2人ということで、詳しく知りたかったのですが、あまりにも人が多くてよく分りませんでした。

夏目漱石は『模倣と独立』の中で親鸞に言及しています。 『模倣と独立』はインデペンデントの重要性を学生たちに説明した漱石の大正時代の講演です。 下に引用しますが、青空文庫から無料でダウンロードできますので是非全文を読んで見て下さい。

「親鸞上人に初めから非常な思想があり、非常な力があり、非常な強い根柢のある思想を持たなければ、あれほどの大改革は出来ない。言葉を換えて言えば親鸞は非常なインデペンデントの人といわなければならぬ。あれだけのことをするには初めからチャンとした、シッカリした根柢がある。そうして自分の執るべき道はそうでなければならぬ、外の坊主と歩調を共にしたいけれども、如何せん独り身の僕は唯女房を持ちたい肉食をしたいという、そんな意味ではない。その時分に、今でもそうだけれども、思い切って妻帯し肉食をするということを公言するのみならず、断行して御覧なさい。どの位迫害を受けるか分らない。尤も迫害などを恐れるようではそんな事は出来ないでしょう。そんな小さい事を心配するようでは、こんな事は仕切れないでしょう。其所その人の自信なり、確乎たる精神なりがある。その人を支配する権威があって初めてああいうことが出来るのである。だから親鸞上人は、一方じゃ人間全体の代表者かも知らんが、一方では著しき自己の代表者である」。

漱石から大学生へのアドバイスです。

「あなた方も大学を御遣(おや)りになって、そうして益(ますます)インデペンデントに御遣りになって、新しい方の、本当の新しい人にならなければ不可(いけ)ない。 蒸返しの新しいものではない。そういうものではいけない。要するにどっちの方が大切であろうかというと、両方が大切である、どっちも大切である。 人間には裏と表がある。私は私をここに現わしていると同時に人間を現わしている。 それが人間である。 両面を持っていなければ私は人間とはいわれないと思う。 唯どっちが今重いかというと、人と一緒になって人の後に喰っ付いて行く人よりも、自分から何かしたい、こういう方が今の日本の状況から言えば大切であろうと思うのであります。 文展(文部省美術展覧会)を見てもどうもそっちの方が欠乏しているように見えるので、特にそういう点に重きを置いて、御参考のために申し上げたような次第であります」。


***

2011年11月1日火曜日

夏目漱石の柴又帝釈天


柴又帝釈天と言えば『男はつらいよ』、寅さんですが、実は夏目漱石が『彼岸過迄』で柴又を書いています。 心が納得しないと、知識やスキルだけでは人は動かない。 もしかしたら、夏目漱石は自分を客観的にみて、自分の足りない部分を反省して『彼岸過迄』を書いたのかも知れません。

『彼岸過迄』 夏目漱石 (1912年)

この日彼らは両国から汽車に乗って鴻の台(今の京成線 国府台)の下まで行って降りた。それから美くしい広い河に沿って土堤の上をのそのそ歩いた(これはリリーも歩いた江戸川沿いです)。敬太郎は久しぶりに晴々した好い気分になって、水だの岡だの帆かけ船だのを見廻した。須永も景色だけは賞めたが、まだこんな吹き晴らしの土堤などを歩く季節じゃないと云って、寒いのに伴れ出した敬太郎を恨んだ。早く歩けば暖たかくなると出張した敬太郎はさっさと歩き始めた。須永は呆れたような顔をして跟(つ)いて来た。

二人は柴又の帝釈天の傍まで来て、川甚(かわじん)という家へ這入って飯を食った(川甚は今でもあります)。 そこで誂(あつ)らえた鰻の蒲焼が甘たるくて食えないと云って、須永はまた苦い顔をした。先刻から二人の気分が熟しないので、しんみりした話をする余地が出て来ないのを苦しがっていた敬太郎は、この時須永に「江戸っ子は贅沢なものだね。細君を貰うときにもそう贅沢を云うかね」と聞いた(夏目漱石は新宿生まれの江戸っ子です!)。

***