2017年8月20日日曜日

時間に敏感になる


4時間ですぞ。キュウリとナスの浅漬けは。

4時間あれば、かなり色んなことができます。生のナスとキュウリがちょうどいい浅漬けの漬物に変身する時間です。アウトプットは無理でも、インプット、特に命題(仮説)を持っている限りにおいては、様々な情報を収集することができます。

連続しなくても、一日のうちから何もしていない時間を集めると4時間になったりします。最近、日本人は時間に対して随分と鈍感になったと感じます。他人が時間をどう使おうがどうでもいいのですが、私に影響があるときには腹が立ってしまいます。「時間とお金に鈍感な人とは仕事をしない」なんて言っていると、誰とも仕事ができなくなってしまうかもしれませんね。

時代が変わろうが、国が違えども、一日は24時間一年は365日。機会の平等でもある。時間の感覚を身につけている人といない人、結果には大きな差が表れるものです。

時間に敏感になって、人生を豊かにしてください。

***

2017年8月16日水曜日

今年も8月15日に考えた

今日も朝から雨、、、、

日本は海外資産が潤沢にあるから将来的にも利子で食べていけるいう経済学者がいますね。でもそれは大きな間違いだと思います。資産は簡単に負債に転ずるのです。

「カネ」や「モノ」に対してだけではなく、人は、自分の地位や仕事や権利をいったん保有すると、なかなかそこから離れたり、手放したりできません。自分の仕事やこれまで習得したスキルについても同じことが言えます。新しいことに変えるのは、今の状態を失うという恐れが伴う。この損失を回避したいがために現在の状態にこだわってしまう。人が変われない理由の一つです。

日本国憲法の議論も同じです。戦後の復興(一般的には“高度成長期”と言われますが、、、)を含む72年の僥倖を失うのが恐ろしいから、改革らしい改革もできないのが現状だと思います。要するに、72年もの間、自己欺瞞を続けているのです。

***

2017年8月11日金曜日

亀の手


一人の良い女、一人の良い友人、一個の良い想い出、一冊の良い書物  ギルバート・チェスタトン(イギリスの作家)

35年間会わなかった友人と
今年の春から頻繁にコミュニケーションしています。良い友人がいるというのは人生を豊かにします。

週末に「亀の手」を獲ってきたといって、冷凍にしてお土産に持たせてくれました。

35、6年前、2人でよく釣りに行きました。釣れない時に友人は「亀の手」を獲っていました。しかし、私はバルタン星人を思い起こさせる「亀の手」の外見からか、食べる気にならなかったのです。

エビとかカニと同じ甲殻類の仲間ということで、味はカニとエビの中間のような味です。生臭みとかは全然ありませんでした。

***

2017年8月5日土曜日

明石海峡

昨日の明石海峡 ~ 四国側より明石を望む

蛸壺やはかなき夢を夏の月  松尾芭蕉

夏の月が淡く照らすこの海の底、夜が明ければとらえられる身の上とも知らない蛸が、蛸壺の中で短夜(みじかよ)のむなしい夢を結んでいることだろう。

夏休みに入り、賑わっているサービスエリアにいると、
はかなき夢を感じる暇もない喧噪です。

***