2013年8月18日日曜日

心の問題じゃない


日本のマスメディアの靖国の取り上げ方は、相も変わらずおかしい。 いつまで同じ報道をやっているのでしょうね?

「心の問題」なんて言っても分かってもらえる筈はないので、もっと、事実を根拠として、声明でも発表して「ピリオド」にすればいい。 近隣諸国(2か国か3か国)は、十分に承知して揺さぶっているのだから、客観的、且つ、シンプルに事実を明確にし、「ピリオド」とする。 実際は、数少ない近隣諸国は納得しない、でも、大事なのことは、一人でも多くの日本人が事実を知る必要があるということです。 そして、事実関係をよく知らないのに、いい加減な発言を続ける知識人、文化人を一人でも減らすことなのです。

日本が独立を認められたサンフランシスコ平和条約(1952年発効)には、日本に対する戦犯の取り扱いが記述されています。 戦争裁判について判決を覆さないようにだとか(私は東京裁判は裁判として認めませんが)。 サンフランシスコ平和条約は、49か国が署名しました(日本を含む)。 

中華人民共和国と大韓民国は署名、批准していません。 

サンフランシスコ平和条約には、この条約に署名、批准していない国に、いかなる権利、権限、利益も与えないし、これらの国々によって日本の権益が減損または害されることはないと記されています。 つまり、中華人民共和国と大韓民国には、戦犯問題や戦犯問題を靖国と関連づけて発言する権利はないのです。

国際関係は極めて現実的な世界です。 日本人が「心の問題」だと言っても理解されないでしょう(もちろん、私は日本人だから、「心の問題」で納得です)。

Article 25
For the purposes of the present Treaty the Allied Powers shall be the States at war with Japan, or any State which previously formed a part of the territory of a State named in Article 23, provided that in each case the State concerned has signed and ratified the Treaty. Subject to the provisions of Article 21, the present Treaty shall not confer any rights, titles or benefits on any State which is not an Allied Power as herein defined; nor shall any right, title or interest of Japan be deemed to be diminished or prejudiced by any provision of the Treaty in favour of a State which is not an Allied Power as so defined.

Article 23
(a) The present Treaty shall be ratified by the States which sign it, including Japan, and will come into force for all the States which have then ratified it, when instruments of ratification have been deposited by Japan and by a majority, including the United States of America as the principal occupying Power, of the following States, namely Australia, Canada, Ceylon, France, Indonesia, the Kingdom of the Netherlands, New Zealand, Pakistan, the Republic of the Philippines, the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland, and the United States of America. The present Treaty shall come into force of each State which subsequently ratifies it, on the date of the deposit of its instrument of ratification.

***

0 件のコメント:

コメントを投稿