2014年1月22日水曜日

お好み焼きでご飯


大阪は南で生まれた私も、大阪を出て35年たつと、夕べのお好み焼きをおかずにご飯を食べるのはちょっとシンドイ。

大阪の街を隅々まで歩き回った織田作之助は、大阪の食をギョーサン書いていますが、お好み焼きについて書いてないように思います。 オダサクにとってお好み焼きは下手もの料理ではないのか?

『夫婦善哉』

柳吉はうまい物に掛けると眼がなくて、「うまいもん屋」へしばしば蝶子を連れて行った。彼にいわせると、北にはうまいもんを食わせる店がなく、うまいもんは何といっても南に限るそうで、それも一流の店は駄目や、汚いことを言うようだが銭を捨てるだけの話、本真(ホンマ)にうまいもん食いたかったら、「一ぺん俺の後へ随いて……」行くと、無論一流の店へははいらず、よくて高津の湯豆腐屋、下は夜店のドテ焼、粕饅頭から、戎橋筋そごう横「しる市」のどじょう汁と皮鯨汁、道頓堀相合橋東詰「出雲屋」のまむし、日本橋「たこ梅」のたこ、法善寺境内「正弁丹吾亭(ショウベンタンゴテイ)」の関東煮(カントダキ)、千日前常盤座横「寿司捨」の鉄火巻と鯛の皮の酢味噌、その向い「だるまや」のかやく飯と粕じるなどで、いずれも銭のかからぬいわば下手(ゲテ)もの料理ばかりであった。


***

0 件のコメント:

コメントを投稿